• ホーム
  • > ワールドカップ ボランティア研修、がんばっています!

TOPICS&NEWS

ワールドカップ ボランティア研修、がんばっています!

英語コース|2017.08.23

今年秋に開催されるダーツワールドカップに向けて、ボランティア研修が本格化してきました。
大会情報はこちら → http://gc-kobegakuin.jp/archives/943
英語コースの学生が大会ボランティアとしてスコアラーを担当するため、夏休みの間、点数のつけ方の研修を受けています。


以下は、京橋のダーツバー Leafletさんにおじゃまして研修を受けた佐野孝輔さん(英語コース1年生)からの報告です。

私は、ダーツ=大人の競技と思っていました。しかし、実際にダーツを体験させていただいたのですが、年齢を問わず楽しむことができることが分かりました。
ダーツバーleafletでの研修に参加させていただいたのですが、先生方々が詳しく教えてくれました。私たちは、ダーツ初心者ばかりだったので、全くルールがわからなかったですが、実際に、ダーツを投げ、スコア、コールなどの練習を重ねていくと、ダーツに関しての興味が持てました。そして、選手がどこに投げるなどと言うような予測ができるようになりました。私たちが、研修でとても苦労したことは、ルール等ではなく、ダーツの三本投げた後の計算でした。ので、ダーツのワールドカップまでには、しっかり計算パターンなどを覚えて、しっかり本番に備えたいです。最後に、ダーツの先生方々が言っていたのですが、「ダーツは関心がなければ、スコアやコールはできない、選手がどこに投げるかを予想することで楽しめる。」と言うことを脳裏に置き、ワールドカップを楽しみしっかりダーツのサポートをしたいです。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部
http://gc-kobegakuin.jp