• ホーム
  • > 【広州通信】中国広州にセメスター留学中の片山晏里さんからレポートが届いています。

TOPICS&NEWS

【広州通信】中国広州にセメスター留学中の片山晏里さんからレポートが届いています。

中国語コース|2018.03.27

中国は広州に留学してはや3週間が経ちました。広州は中国国土の南に位置しており、年間平均気温は20度から22度と過ごしやすいとされていますが、広州の夏は高温多湿だそうです。夏は神戸とあまり変わりはないのかもしれません。また、広州は中国南部最大の都市で、北京や上海に並び、政治・経済・文化・交通・通信の中心地と言われています。現在、私はそのような留学拠点としてもってこいの広州暨南(きなん)大学に留学しています!

広州暨南大学には華文学院という学部が設置されており、留学生の多くはこれに属しています。多国籍の学生が集まり、まるで小さな国連のようです。また、暨南大学は最も多くの華僑の方も在学している大学の一つということで、会話ができても読み書きが困難な方も多くいそうです。一方で、私たち日本人は漢字に慣れ親しんでいることから読解力の水準は比較的高いそうで、語学をしていく中では、お互いの不得意を得意に変えられる可能性の高い非常に良い環境だといえます。半期のみのセメスター留学、限られた時間の中で現地でしかできない体験を大切に、1日1日を積み重ねていきたいです。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://gc-kobegakuin.jp