• ホーム
  • > 川島菜月さん(1年次生)が世界フリースタイルスケート選手権に日本代表で出場します。

TOPICS&NEWS

川島菜月さん(1年次生)が世界フリースタイルスケート選手権に日本代表で出場します。

英語コース|2018.06.08

グローバル・コミュニケーション学部の川嶋菜月さん(1年次生)が神戸学院大学のサイトで紹介されました。

オランダのアーネムで7月5日から8日まで開催される「第12回世界フリースタイルスケート選手権」に、グローバル・コミュニケーション学部1年次生、川嶋菜月さんが日本代表で出場します。世界選手権大会に豊富な出場経験を持つ川嶋さんは、「予選を通過し、本戦では前より順位を上げ、入賞を目指したい」と話しています。フリースタイルスケートは、アイススケートのスケート靴のブレード(刃)部分に縦1列に4個の車輪を付けた靴「インラインスケート」を履き、等間隔に置いた小さなコーンの間を縫うように滑り、スピードを競ったり、技術の得点を競います。世界選手権では6競技が行われ、川嶋さんはメインのクラシックスラロームのほか、バトルスラローム、スピードスラローム、ペアスラロームの4競技に出場します。

川嶋さんは、冬場に両親とスキーをしていましたが、シーズンオフのスポーツとして家族で楽しめる競技としてフリースタイルスケートを始めました。国内の選手権大会では小学校、中学校時代から上位に常連となるほど上達。姫路市立琴丘高2年だった一昨年にタイで開かれた世界選手権大会では、シニア女子のクラシックスラローム競技で10位、さらに昨年の中国・南京大会では8位と順位を上げています。川嶋さんは、国際大会に出場した経験から語学の必要性を感じ、琴丘高校では国際文化科を選択。今春、本学のグローバル・コミュニケーション学部に進学しました。川嶋さんは「英語が好きになりました」と話しています。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://gc-kobegakuin.jp