• ホーム
  • > 松浦未青さん(2年生)が日露青年交流センターの交流プログラムに学部代表として参加しました。

TOPICS&NEWS

松浦未青さん(2年生)が日露青年交流センターの交流プログラムに学部代表として参加しました。

英語コース|2018.06.14

「ロシアにおける日本年」事業として、日露青年交流センターが募集していた交流プログラムに、5月11日から17日の日程で本学の学生6人を含む計22人の訪問団がロシアに派遣されました。学部代表として参加した松浦未青さんからのレポートを紹介します。

===============
この度5/11〜5/17にかけて日露交流センターの派遣プログラムに経済学部の岡部ゼミの方々と参加させて頂きました。以前からロシアは日本のサブカルチャーが若者に人気と聞いていたので今回現地へ行って学生や地域の方と交流する事が出来てとても嬉しかったです。ですが行き先が”ニジニノヴゴロド “と初めて聞く場所だったのでどれぐらい英語が通じるのか、どんな場所なのか少し不安でした。ですが私の不安を消してくれる程ロシアの方達は皆フレンドリーで温かく接してくれました。特に今回はホームステイで、英語が通じるのはホストシスターだけでしたが、ファミリーの皆さんはロシア語の分からない私に対していつも優しく接してくれました。ホストシスターはニジニノヴゴロドの有名な場所、綺麗な景色を見れる場所を、時には日付が変わる直前まで、沢山案内してくれました。また大学で行われた交流イベントでは学生以外の方も沢山来て下さってとても盛り上がりました。帰りの成田空港行きの便を待っている5時間の間にモスクワの赤の広場へ行ってきました。想像の何倍も広場は大きくてクレムリン近くまでは残念ながら行くことが出来なかったです。
隣国であってもあまりメジャーな国ではないロシアに行って沢山の人と交流出来てとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。友達に会うためにも必ずまた行こうと思いました。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://gc-kobegakuin.jp