• ホーム
  • > 南京町商店街でお話を伺いました。

TOPICS&NEWS

南京町商店街でお話を伺いました。

中国語コース|2018.06.25

2018年6月20日、中国語専攻演習(大濱ゼミ)の活動で南京町に行きました。南京町商店街振興組合理事長として町を盛り上げ、老祥記代表取締役として黄綬褒章を受章された曹英生さんに商店街事務所にご案内いただき、お話を伺いました。曹さんは60代とは思えないほど若々しく、とても明るい方で、南京町の歴史や春節祭について、日本では珍しい中華料理などたくさんお話をしていただきました。その中でも特に印象に残ったお話は、23年前に神戸を襲った阪神淡路大震災の際に南京町が行ったボランティア活動の話です。当時、神戸はライフラインがすべて止まり、冬の寒い中、温かい食事もまともに食べることができず、被災された方々は不安な日々を過ごされておられました。そんな中、南京町がすぐに温かい食事を提供し、被災者の心を癒したという出来事が心に残りました。南京町の人々も被災者であるにも関わらず、困っている人を助けるという復興と共生の精神が、今日の町の発展をもたらしたのだと感銘を受けました。

曹さんのお話の中で、正解すれば豚まん10個がもらえるというクイズもあり、とても盛り上がりました。質問タイムを設けてくださり、私たちの質問に一つ一つ答えていただき、貴重な時間を過ごすことができました。今回の活動で得たことを南京町リサーチプロジェクトに生かして取り組んでいきたいと思います。(2年生 藪内彩乃)