TOPICS&NEWS

Category: 英語コース

全国学生英語プレゼンテーションコンテスト入賞!

学部|2017.12.12

英語コンテストの全国最高峰の一つ、全国学生英語プレゼンテーションコンテストの第6回大会に 英語コースの森樹音さんが参加し、見事ベスト50への入賞を果たしました!お友達の仮屋小春さん(四天王寺大学)とペアを組み、参加者640名もの第1次予選を勝ち残り、12月9日、神田外語大学で行われた2次予選で300名余りのプレゼンターと競いました。

森さん・仮屋さんは、今年のテーマの1つである「日本の本の英訳版翻訳を売り込め!」に挑戦しました。 お二人が選んだ本は早見和真による長編ミステリー「イノセント・デイズ」。本を何度も読み返し、物語の本質を分析し、プレゼンの構成を考えました。独自のオンラインアンケートを行いそのデータを効果的に使いました。予選直前まで練習を繰り返し、英語コースの他の学生にもリハーサルを行いました。「人の性格は生まれつきのものなのか、環境によって作られるのか」という問に始まる発表は、その独自性、二人の息の合う掛け合い、そして説得力のある内容が評価され、見事ベスト50に入選となりました。

以下は森樹音さんからの感想です。

当日は、すごく楽しく自分たちのプレゼンテーションを見せることができました。たくさんの人たちのプレゼンテーションをみて、いろんな角度からいろんなことを感じることができました。こんなに楽しくプレゼンテーションができたのは私にとって初めてでした。何よりすごく楽しくていい経験になりました。私たち2人のプレゼンテーションが周りの人たちから評価をもらえたことがたまらなく嬉しいです。最高のパートナーと最高のプレゼンテーションができました。私たちに協力してくださった周りの人たちの温かさにも感謝してます!

森さん、仮屋さん、おめでとうございます!!

兵庫県学生英語プレゼンテーション・コンテストでオーディエンス賞を受賞しました

英語コース|2017.12.05

12月3日(日)に、神戸学院大学ポートアイランドキャンパスにて、「兵庫県学生英語プレゼンテーション・コンテスト」が実施されました。

これは、兵庫県下学生の英語表現力、プレゼンテーション能力のほか、論理的思考を基にした課題解決力の向上を図り、兵庫県と、一般社団法人大学コンソーシアムひょうご神戸の主催で開催されたものです。

本学からは、4チーム6名の学生が参加し、全17チーム中、1年生の則政 亜香梨さん・古川 萌佳さんペアが見事オーディエンス賞を受賞しました。

本学参加者とテーマ一覧は以下の通りです。
1年生 則政 亜香梨さん・古川 萌佳さん
テーマ:F&F project

1年生 田久保 光さん(写真右)
テーマ:Local industry × foreign students × Japanese students

3年生 酒井 唯加さん・中井 紗絵さん
テーマ:To Attract Exchange Students in Hyogo

3年生 西尾 公介さん
テーマ:How can we encourage more international students to come to Hyogo Prefecture

 

大会にスタッフとして参加した学生からの感想をご紹介します。

受付:1年次生 松尾さん

「今回のプレゼンテーションコンテストのボランティアで受付をさせてもらって、他大学の教授や県,市の職員の方など、普段の生活ではあまり関わることのないような方たちの対応をしなければならなかったので、緊張しましたが、とても良い経験になりました。また、たくさんの方々のプレゼンテーションを聞いていて、伝え方が上手な人,内容が個性的で素敵だった人など、様々な方たちを見られたので、とても充実した時間になりました。またこのような機会があれば、参加したいと思います。」

MC:1年次生 三村さん

「12/03に神戸学院で行われた英語プレゼンテーションコンテストのMCを務めさせていただきました。
大きな大会のMCは初めての経験でとても緊張しましたが、たくさんの素晴らしいアイデアや発表を聞くことができ、とても勉強になった1日でした。
MCの経験が無かったので上手く出来ているかどうか心配でしたが、終わったあとにたくさんの方々から「とても良かったよ」とのお声かけを頂き安心しました。
様々な大学のグループの発表を聞き、アイデアが素晴らしかったりプレゼンの仕方が上手だったりと感動する場面が非常に沢山ありましたが、同時に私が普段学校でしている発表はまだまだだなと悔しい気持ちも覚えました。
また、友達の発表も聞くことが出来ましたが、ステージの上のみんなはとてもキラキラしていてかっこよかったです。
どのグループも完成度が高く、甲乙が付けられないような接戦でした。
今回のMC経験、また、実際に目にした発表などを忘れず、次に活かしていこうと思います。」

 

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部
http://gc-kobegakuin.jp

国際的ダンサー下川愛帆さんが英語コースの学生に講演を行いました

英語コース|2017.11.20

グローバル・コミュニケーション学部英語コースの1~3年次生が15日、ダンサーとして国際的に活躍している下川愛帆さんから、「awaken possibilities~視野を広げて見える世界~」というテーマで講義を受けました。下川さんは17歳で単身ドイツへバレエ留学。現在はオーストリアのウィーンに住み、ヨーロッパを中心に活躍しています。
下川さんは「広い視野を持つことで、考え方が変わり、自分の可能性を広げることができる。どんなことに対しても自信を持つことが大事」と語りました。講義を受けた西尾公介さん(3年次生)は「留学に行く目的が英語を習得するということだけではなく、視野を広げ、様々なことに挑戦する気持ちが大切だと気づきました」と話していました。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://gc-kobegakuin.jp

英語コース授業風景 in English

英語コース|2017.10.31

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部
http://gc-kobegakuin.jp

本学部仁科ゼミの学生が「英語ドラマ発表会」を開催しました

英語コース|2017.10.26

2017年10月21日、KPCのD306教室にて「第三回神戸学院大学(仁科ゼミ)X摂南大学(吉村ゼミ)英語ドラマ発表会」を開催しました。

 

2017年度前期に制作した作品は、神戸学院大学・仁科ゼミ・2回生が「One Missed Call (着信あり)」と「Orange(オレンジ)」、摂南大学・吉村ゼミ・3回生も同じ作品で「Orange(オレンジ)」でした。発表会では、お互いの作品を鑑賞した後、批評し合いました。

次回の第四回英語ドラマ発表会は、2・3月に大阪工業大学・梅田キャンパスにて開催予定です。

 

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部
http://gc-kobegakuin.jp

オーストラリア ビクトリア大学が訪問されました。

英語コース|2017.10.13

オーストラリア メルボルンのビクトリア大学、General ManagerのダイアンさんとStudy Officerのみどりさんが来学されました。
セメスター留学を経験した3年生は、約2カ月ぶりの再会となり、懐かしそうに近況報告をしていました。

ダイアンさんからは、パワーポイントにより、3年生の当時の様子や、現地を案内するプレゼンテーションもしていただき、来年度セメスター留学の派遣先がビクトリア大学に決まった2年生には、貴重な情報を得る良い機会となりました。

 

 

 

 

ダーツワールドカップが開幕しました

英語コース|2017.10.04

10月3日から8日まで神戸国際展示場で開催されるダーツの世界大会「WDFワールドカップ2017神戸大会」にグローバル・コミュニケーション学部の学生約300人がボランティアで参加しています。

ダーツ普及と親睦を目的に、31か国の選手が集う「第21回WDFワールドカップ2017神戸大会」(世界ダーツ連盟主催、神戸市など後援)が3日、神戸国際展示場で開幕。午後7時から開催された開会式で、西久保優里さん、金谷恒治さん、杉森健吾さんらボランティアで協力するグローバル・コミュニケーション学部の学生が紹介されました。
開会式で、佐藤雅美学長は「学生にこうした機会を与えていただき感謝します」と述べたうえ、歓迎のあいさつ。また、約300人のボランティア学生を代表して、坂口尚弥さんが「この場に来られて光栄です。皆さんをサポートするために頑張ります」とあいさつし、会場から大きな拍手を受けました。
競技は4日から始まり、学生たちがスコアラーやマーカーなどを務めます。吉田萌花さんは「今日は、徹夜でスコアの付け方を確認します」と話していました。

あいさつする佐藤学長。グローバル・コミュニケーション学部の東淳一学部長が通訳を務めました。

一般社団法人JSFD 理事長 寺島孝次郎氏の通訳をする中西のりこ教授。

あいさつする坂口さん。

プラカードを持つ嵯峨奈津美さんは今夏、語学研修でオーストラリアに滞在しました。

WDFワールドカップ2017神戸大会の公式サイトはこちら

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部
http://gc-kobegakuin.jp

ニュージーランド ワイカト大学でのセメスター留学便り(3)

英語コース|2017.09.19

セメスター留学期間中にお伝えしきれなかった現地の様子について、今回はニュージーランドのワイカト大学での生活をお伝えします。

「いつも教えてもらっている先生と一緒にお昼ご飯を食べました。ワイカト大学の先生達は皆いい先生ばかりです。将来のことや普段の生活のことなどたくさん話せて楽しいランチタイムになりました。何事も前向きに考えていていつも勇気づけてくれます。」By Miho Kuwano

 

「まだ少し暖かかったころにピクニックをしました。買い出しからみんなで行ってスーパーにたどり着くのにも場所がよく分からなくて人に聞いたりしました。ニュージーランドは自然がたくさんあるので、ピクニックをできるようなところもいっぱいあります。lakeの周りはジョギングやウォーキングをしてる人がたくさんいるし、土日は家族連れが多いです。すれ違う時に笑顔で挨拶をしてくれる人もいたり、ほんとにあったかい国だなあと思うことがよくあります。」By Aoi Imanaka

 

「色々なカフェに行き色々な英語を使いながら注文をしたり、店員さんと話をするのが好きです。少しのことでもうまく店員さんとコミュニケーションがとれたり自分が言った事がすんなり通じたときは嬉しさを感じるし、こんな小さなことでも自信につながっているなと感じます。この写真は学校の行き道にあるカフェで、日本に帰るまでに通いつめたいと思っているカフェです。」By Yui Fujii

 

「Taupoに行ってきました!ダムを解放して水が流れだしたときは勢いがとてもすごくて圧倒されました!1枚目が解放される前で2枚目が解放された後です。」By Takahiro Nakamura

 

ニュージーランドでは、人の温かさや自然の豊かさに触れる機会が多かったようです。

 

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部
http://gc-kobegakuin.jp

英語コース 海外インターンシップ研修便り4

英語コース|2017.09.14

オーストラリア、メルボルンで実施されていた、英語コース 夏季研修が終わりました。

みんな風邪もひかず、元気に2週間のインターンシップを終えることができました。

日本でのスカイプによる事前研修から、現地出発までお世話になった現地コーディネーターKanaさんと別れを惜しみながら、11日に無事帰国しました。

1年次の夏休みに体験した2週間の海外生活とインターンシップ、

挑戦やサプライズ、達成感、、様々な思いを胸に、後期を迎えます!

 

英語コース 海外インターンシップ研修便り 3

英語コース|2017.09.07
オーストラリア・メルボルンの海外インターンシップ研修の現場からの報告です。
勤務先の小学校の日本語教室です。どこを見ても日本語ばかりで、とても賑やかな職場です。
子供たちの英語は早いし、バラバラに喋るので、なかなか聞き取れませんが、みんな積極的に取り組んでくれるのでやりがいを感じます。
(堀口 大和)
引き続き、メルボルンの市内にあるRoyce Hotelで、会場のPreparationを体験し、仕事内容に魅力を感じました。(藤井一樹)
オーストラリアのセカンダリースクールにはクラスがなく、各生徒は異なる学年が混在する「ハウス」と呼ばれるグループに所属します。佐藤さんが勤務する学校で、そのハウスが出し物を競い合う House arts というイベントがあり、大変な盛り上がりでした。
前のページ »