TOPICS&NEWS

大濱慶子教授が「世界比較教育学会第16回世界大会」で研究発表を行いました

中国語コース|2016.09.06

201609001

世界比較教育学会第16回世界大会が2016年8月22日から26日にかけて中国・北京で開催され、グローバル・コミュニケーション学部大濱慶子教授が参加し、“Higher Education and Gender in the Midst of Globalization: A Comparison between Japan and China ”と題する研究発表を行いました。

セッションのテーマ“Gender Equity in Education”をめぐって欧米、中東・アフリカ、アジアの研究者たちと意見を交換しました。

世界比較教育学会世界大会がアジアで開催されるのは日本(1980年)、韓国(2001年)に続いて三度目です。今回は世界70カ国・地域から千人を超える研究者が集い、「教育の弁証法:比較の視野」という大会テーマの下に、五日間にわたって活発な学術交流が繰り広げられ、熱い夏となりました。

 

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部 http://gc-kobegakuin.jp